新着情報

「第9回九州・沖縄アイランド女性研究者支援シンポジウムin福岡」参加報告

「女性リーダーの育成と大学の役割」に大いに期待

 

平成29年9月25日(月)13:00~17:15、福岡女子大学において、第9回「九州・沖縄アイランド女性研究者支援シンポジウムin福岡」が開催されました。九州・沖縄アイランド女性研究者支援ネットワーク(愛称Q-wea)は、九州・沖縄地方の女性研究者支援を実施している担当者間の連携を図るために2009年9月に宮崎大学が中心となって設立されました。その後、女性研究者支援事業等を各大学が獲得を応援する形で活動を展開、先行機関がグッドプラクティスを共有し、共に高め合っていく連携を重ねて来ました。毎年、持ち回りで10大学が共催する形で開催されています。

シンポジウムでは、基調講演に、以前本学でもご講演いただいた前東京学芸大学長の村松泰子氏(公益財団法人日本女性学習財団理事長)が「大学の男女共同参画と求められる女性リーダー」をテーマに講演されました。女性が管理職にいて当たり前の景色を創っていくことの重要性と、女性が大学運営に参画することで、有効性・有用性・健全性の意味で効果があることが指摘されました。

パネルディスカッション「女性リーダー育成のためのアクションプラン」では、10大学の理事・副学長がずらりと壇上に並び、それぞれの大学の「女性リーダー」の育成の課題について、発表されました。10名の大学代表者のうち、女性は8名であり、九州・沖縄地方の大学における女性のリーダーの活躍ぶりがはっきりと壇上に示されていました。「女性のリーダー」という表現についても、その言葉が女性の特性を限定したり、性別役割分担を固定したりしてしまうのではないかという、ジェンダーの視点からの指摘もなされる中で、多様性のある新たなリーダー像にむけて議論が深められました。先日、FDセミナーでお世話になった宮崎大学理事の伊達紫氏からは、採用や登用の透明化への具体策の取組みについても触れられ、次回、本学のシンポジウムに登壇してくださる予定の長崎大学副学長伊東昌子氏も大学での働き方改革について、御報告をされていました。

各大学の目指す「女性リーダー」像は、大学によって様々であり、本学もこの6年間のダイバー研究環境実現イニシアティブ事業の取組みの中で、本学の改革の強みにつながるリーダー像をイメージしながら、多様性を尊重できるしなやかな新たなリーダーを生み出していきたいものです。

(報告者:男女共同参画推進室 副室長 長安めぐみ)