イベント情報

【活動報告】教育学部「総合的・実践的専門科目体験的科目」公開授業 「放課後児童クラブから見えてくる子どもの世界」開催(5/20荒牧キャンパス)

  本学では、地域の放課後児童クラブとの連携を強化し、夏季休業中の学区外からの児童の受入等を実施している。本年度は、教育学部「総合的・実践的専門科目体験的科目」として放課後児童クラブでの体験学習を講義に位置づけた。平成30年5月20日のオリエンテーションを地域に公開し、学生を含め19名が受講した。前橋市子育て施設課施設指導係内田章係長より「前橋市の放課後児童クラブの取組」、群馬県学童保育連絡協議会新津貴之事務局長より「放課後児童クラブから見えてくる子どもの世界」、NPO法人「群大クラブ」柳川益美理事長より「子どもたちの声を尊重した居場所づくりとしての放課後児童クラブの取組み」についてご講義いただいた。群馬県ではまだまだ施設の受け皿が不足しており、子どもたちが暮らしの場として、特に、休業中は長い時間過ごすことから、質の高い保育が望まれること、子どもたちの施設での活き活きとした活動と成長ぶりが伝えられた。希望する学生がその専門性を生かして地域の子育て支援に参画する取組みとして、今後の実習に繋がる貴重な機会となった。