ロールモデル

教育学部 佐野 史 教授

研究に専念できる「いま」を大切に!

Fumi Sano

佐野 史 教授

理科教育講座 生物学

Profile

東京大学理学部生物学科卒業/東京大学大学院理学系研究科植物学専攻修士課程修了/東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻博士課程修了 博士(理学)取得/日本学術振興会特別研究員(PD)/東京大学大学院新領域創成科学研究科 助手/東京大学研究機関研究員/科学技術振興機構研究員/現職


Q1.自分の研究を一言で紹介するならば?

A1. 理学的知見に基づいた生物教材の開発や改良を通じて、学校現場で子どもたちに「生き物はよくできている」と実感してもらうにはどうすればよいかを日々考えています。

Q2.研究の一番の魅力は?

A2.生物の持つ性質をうまく引き出して「生き物はよくできている」と示すことができそうな教材を考えついたとき、またその教材に対して児童・生徒・学生が興味深そうな反応を見せてくれたときに感じる達成感が魅力です。

Q3.研究職をめざしたきっかけは?

A3.学部生の頃の実験で細胞骨格の蛍光抗体染色像を観察したときに、その美しさや精巧さに感銘を受けたのがきっかけです。

Q4.研究者でよかったと思うことは?

A4.組織のための必然的な雑用や子育てなどに振り回されがちな中で、それらとは別に自分には研究がある、というのが心の支えになっています。

Q5.研究とプライベートの両立で工夫していることは?

A5.研究以外の部分について無理なことは無理と割り切って、なるべく早く家族や同僚などに頼むようにしています。それでも満足に研究できているとは言いがたい状況ですが・・・。

Q6.人生を変えた一冊もしくは私の著書(著書名)は?

A6.一冊挙げるのは難しいですが、人生に関わったのは子どもの頃に読んだキュリー夫人の伝記でしょうか。

Q7.旅行で一番よかった場所は?

A7.オーストリアのゴーザウ。別天地でした。

Q9.休みの日には何をしていますか?

A9.娘と“デート”しています。

わたしのキャリアパスとライフイベント
My Career Path & Life Events

大学卒業

修士課程

博士課程

PD

助手

研究機関研究員

結婚

JST研究員

群馬大学着任

出産

現在

お気に入りのPHOTO

『教材用植物ファストプランツと』