支援制度

ベビーシッター育児支援事業 割引券発行事業

support_07群馬大学では、平成29年度から内閣府の委託を受けた全国保育サービス協会が実施する「ベビーシッター派遣事業制度」を利用して、被雇用者が在宅保育サービスを利用する際の料金の一部を助成し、仕事と子育ての両立を支援する「ベビーシッター育児支援事業 割引券発行事業」を開始しています。

利用対象者 本学に雇用されている教職員(非常勤の場合は社会保険加入者に限ります)で、配偶者が就労している場合の他、病気入院等により、サービスを使わなければ就労することが困難な者
対象となる子の年齢 0歳~小学校3年生(障害のあるお子様は6年生まで)
使用条件
  • 就労のためにベビーシッターサービスを利用する場合に限ります。
    (群馬県内で割引券が利用できるベビーシッター業者は以下をご覧ください。)
  • 利用者の家庭内における保育や世話(家庭以外は利用不可)、ベビーシッターによる保育等施設への送迎を依頼する場合に割引券を利用できます。
  • 1日につき2,200円以上のサービスが対象となります。
    (会費、交通費、キャンセル料、保険料等のサービス提供に付随する料金は含まないものとします。)
割引額 1日につき1家庭2,200円
(1日1枚/1回につき2,200円以上のサービスが対象)
ご利用方法 割引券取扱事業者(以下URL参照)から選んだベビーシッター会社と事前に利用契約を済ませてからお申し込みください。
http://www.acsa.jp/htm/babysitter/ticket_handling_list.htm external

利用申込書wordを男女共同参画推進室(荒牧キャンパス教養教育GC棟)にご持参いただくか、メール、FAXあるいは学内便にてお届けください。初回申請時には、以下の書類も必要です。

  1. シッター会社との契約書(写)
  2. 申請者本人の職員証(写)
  3. 配偶者の在職証明書(写)(配偶者が学内者の場合は職員証(写)でも可)あるいは、配偶者が病気入院していることがわかる書類等、サービスをつかわなければ就労することが困難なことを証明するもの。

初回は、利用(予定)日が決まりましたら、利用(予定)日の10日前までにお申込み願います。
2回目以降のご利用の際は、ひと月分の利用予定枚数および予定日を記入の上、原則として前月中に(最初の利用予定日の10日までに)お申込みください。

arrow_01

申込書が届きましたら、割引券を発行し、学内便で送付いたします。(数日要します)

arrow_01

【ベビーシッター券の利用】
利用後、ベビーシッター事業者に割引券本券と報告用半券に必要事項を記入してもらい、利用者は内容を確認して割引券本券に利用日及び利用時間を記入し、割引券本券に記載された利用料金から2,200円を差し引いた額をお支払いください。

  • 割引券本券→切り離してシッター事業者へ
  • 報告用半券→男女共同参画推進室(荒牧)へ

利用者は、ひと月分の割引券の報告用半券をまとめて、翌月の10日までに、男女共同参画推進室(荒牧)まで学内便等でご提出ください。その際、割引券の利用日に就労していたことを証明するため、教員の方は勤務状況記録簿、職員の方は出勤簿の写しも提出してください。

arrow_01

割引券の必要がなくなった場合は、男女共同参画推進室まで速やかにご返却ください。

利用にあたっての注意事項

  • 利用のたびに割引券が必要になります。
  • ご利用いただける期間は、平成30年3月末日までです。割引券の必要がなくなった場合、またはご利用になっていない割引券は、男女共同参画推進室(荒牧)まで必ずご返却ください。
    余った券を協会に返却するには大学負担で別途費用がかかるため、なるべく計画的な利用をお願いいたします。
  • ベビーシッター会社との契約(登録)がお済みになってから申請してください。(初回申請時には、契約書(登録書)の写しが必要です。)
    また、契約したベビーシッター会社を途中で変更した場合も、契約書(登録書)の写しを担当まで提出してください。
  • 割引券の使用できる枚数は、1日につき1家庭1枚ですが、1か月に上限24枚まで、1年間に上限280枚までです。
  • 割引券は、ベビーシッターを1日2回利用しても1枚しか使用できません。
  • 割引券は、夫婦それぞれが持っていても1家庭で1日1枚しか使用できません。
  • 割引券は、小学校3年生までの乳幼児等のほか、健全育成上の世話を必要とする小学校6年生までの児童に限り使用できます。
    (「健全育成上の世話を必要とする小学校6年生までの児童」とは、障害者手帳などを有する児童です。)
  • 割引券は、ベビーシッターの所属する割引券取扱事業者が運営する保育施設の送迎では使用できません。
  • 割引券は、教職員の自宅でのみ使用できますので、ベビーシッターに利用場所(都道府県名)を記入していただきます。
  • 割引券は、他人に貸与または譲渡してはいけません。また、交付日より遡って使用することはできません。
    サービスを利用した時にベビーシッターに渡すものであるため、利用した時以外に渡すことは認められません。
  • 利用状況、予算等により、利用方法、利用の条件、利用回数を検討・変更する場合がございますのでご了承下さい。

ベビーシッター割引券が利用できる事業者

ベビーシッター会社は内閣府の委託を受けた「公益財団法人全国保育サービス協会」が指定する割引券取扱事業者に限ります。取扱事業者は、全国保育サービス協会HP(下記URL)でご確認ください。
http://www.acsa.jp/htm/babysitter/ticket_handling_list.htm external

※ 取扱い事業者の情報は更新されますので、上記サイトをご確認ください。契約の詳細は各事業所にお問い合わせください。
※ ベビーシッター会社との契約(登録)がお済みになってから男女共同参画推進室まで申請してください。

お問い合わせ

群馬大学男女共同参画推進室 担当:長安(コーディネーター)・上田(専門職員)
TEL:027-220-7146 荒牧キャンパス教養教育 GC 棟 103
MAIL:kyodo-sankaku@jimu.gunma-u.ac.jp