支援制度

入試時託児

大学入試センター試験等の入試業務における託児等の費用補助について

support_01 群馬大学に勤務する教職員が、大学入試センター試験等の業務を担当する際、やむを得ず子どもを預ける場合の託児等費用の一部を補助します。週休日にかかる全入試業務が対象となります

対象者

本学に勤務する教職員で、週休日にかかる大学入試センター試験、大学及び大学院入試、編入学試験等の入試業務に従事するため、中学校就学前の子の保育に託児等を利用する者。

補助金額

1日分の申請につき1万円を上限とします。
※申請多数の場合は、予算内で配分します。支払いまでに時間がかかる場合があります。

利用できる託児の対象について

利用できる託児の対象については保育所等の託児施設、ファミリーサポートセンター及びベビーシッターとします。
家族や近隣者が行うベビーシッターは対象外(ファミリーサポートセンター等の会員である近隣者は除く)

なお、経費の支払に伴い、必ず保育料の領収書等をご提出ください。
ただし、下記の項目は補助対象になりませんのでご注意ください。

  1. ベビーシッター会社等への入会に係る費用
  2. ベビーシッター会社等の年会費
  3. 利用の取り消しに伴う費用
  4. 通常の月極料金に含まれている費用(対象となる曜日に定期的に預けている場合)

申請方法

・申請書(様式第1号)

・託児費用が明記されている資料(預け先施設のパンフレット等)

上記2点を所属する学部等の長から、男女共同参画推進室に申請してください。
結果につきましては、審査の後、所属する学部等の長を通して申請者へ通知します。

申請書の締切について

各部等で取りまとめの上、各試験予定日の15日前までに男女共同参画推進室にご提出ください。
所属の締切を必ず確認し、期日までに申請書等をご提出ください。)

利用後の手続きについて

託児利用後速やかに、領収書等支払額が明らかになるものを添付の上、報告書(様式第2号)及び請求書(様式第3号)、週休日・休日の振替簿のコピーを直接、男女共同参画推進室に提出してください。

  1. 9月~12月に実施する試験の報告書・請求書の最終締切:1月中旬(予定)
  2. 1月~3月に実施する試験の報告書・請求書の最終締切 :3月中旬(予定)

要項および申請書等

お問い合わせ

support_05ご不明な点は下記までご連絡ください。

国立大学法人群馬大学 男女共同参画推進室 担当:長安(内線7146)
荒牧キャンパス教養教育GC 棟1階 103
TEL:027-220-7146
MAIL:kyodo-sankaku@jimu.gunma-u.ac.jp