イベント情報

【活動報告】LGBTs講座 LGBTsってなんだろう開催(1/8荒牧、1/10桐生)

 群馬大学では、「性の多様性に関する考えと対応ガイドライン」の策定を進めています。その理解を深める目的で、1月8日荒牧キャンパス、10日桐生キャンパスで「LGBTs講座」が開催されました。20代の当事者が中心に活動する特定非営利活動法人Re:Bit (リビット)のメンバー4名が講座を担当し、荒牧167名、桐生51名の学生・教職員、地域の高等学校の教員の方々の参加がありました。
 LGBTは、左利きやAB型の人と同じぐらい身近な存在。具体的な4つの分類(自認する性、からだの性、好きになる性、表現する性)では、すべての人に性の多様性、グラデーションがあることを理解した上で、互いに尊重し合えたらうれしいと語られました。相談相手の多くは友人です。相談されたときのステップ①きく、②知る、③つながるを大切に、せっかく信頼し相談してくれた当事者を傷つけないためにも、やってはいけない2つのナイ①決めつけない、②広めないが重要であるとわかり易く説明してくださいました。