活動報告

【活動報告】大学幹部向けFDセミナー(5/20荒牧キャンパスおよびオンライン配信)

  令和3年5月20日、荒牧キャンパスにおいて、大学幹部FDを開催しました。講師には科学技術振興機構 副理事 ダイバーシティ推進室長 渡辺美代子氏をお招きし,「ダイバーシティ推進は何をもたらすのか?‐わかっているようで、今一つわからない‐」をテーマにお話しいただきました。ダイバーシティ推進は男性も女性もすべての人が幸せに生きる可能性を持つ豊かな社会をもたらす。世界から見た日本、子どもたちの現状、キャリア形成、ステップアップそして、性差を考慮した研究開発など、SDGsのジェンダー平等の話を交えてお話しくださいました。特に、論文や特許の経済的価値は、男女混合チームの価値が高いこと、収入が高いコンピューター科学への女性の進学の必要性、アンコンシャスバイアス(無意識のバイアス)を乗り越えるためには、知識だけではなくアクションが必要であること。ジェンダー平等のためには、物事を二項対立で考えるのではなく、見えないものに着目し、人間の多様性を共有することが求められると締めくくられました。
  ハイブリット開催であったため、教職員にもセミナーを公開し102名(学長・管理職17名含む)もの参加がありました。

   ご講演で話題になりましたジェンダー平等2.0についてはこちらをご参照ください。
   https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits/25/12/25_12_97/_pdf

   ※リンク先については掲載許可をいただいております。