活動報告

【活動報告】大学幹部の皆様との全学懇談会(9/14オンライン)

  令和3年9月14日、オンラインによる「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ事業 全学懇談会」を開催致しました。学長をはじめとする役員の皆様12名に加え、各学部の教職員、事務補佐員28名が参加いたしました。
  昨年度はランチをとりながらの懇談会を計画しておりましたが、新型コロナウイルス感染防止の観点から中止せざるを得ませんでした。今年度も対面かオンライン開催かと逡巡致しましたが、この1年間の経験をもとに、オンラインで開催する運びとなりました。懇談会は、石崎学長のご挨拶に続き、役員の皆様から自己紹介をいただきました。その後は、ブレイクアウトセッションによる交流の場を設け、役員の方1~2名に各ルームへ入室していただき、はじめはこちらが参加者の方を決められたルームに分けさせていただく形で懇談が始まりました。話が活発になると他のルームへの移動が難しかったところもありましたが、事後アンケートでは「キャンパスの距離を感じることがないので、とても良い」、「大学幹部の皆様と活発な意見交換が出来て、とても有意義な時間を過ごせた」、「思っていた以上に1時間があっという間で、垣根を越えた交流の機会は貴重」等、たくさんのご意見を頂戴いたしました。また「時間が足りなかった」、「ランチをとりながらの雰囲気づくり」等の課題点も挙げていただき、今後、ウィズ・コロナでこのような活動を行っていくためのご示唆をいただく好機となりました。
  本懇談会は、ダイバーシティ推進センターの前身から続くもので、普段はあまり交流のない役員の皆様と教職員や学生が直接会する貴重な機会として企画しております。今後も皆様にこのような場に心地よく参加していただけるよう、頂いたご意見を参考により良い会を開催して参りたいと思います。